ようこそ、YamachanGallery へ

Profile

プロファイル News!!


  • 出身地 福岡県八女市星野村
  • 1950年生まれ。
  • 1968年に上京。 1973年から2012年7月まで神奈川県横浜市在住。
  • 2012年7月に郷里の福岡県八女市星野村に戻る。
    • 7月14日、郷里に帰省中に九州北部豪雨の被災に遭う。
      • 我が家の小屋、車庫床上浸水。母屋、床下浸水。畑、土石流で全崩壊。
    • 郷里の復興のため、ボランティア活動を開始
    • 2013年4月現在、星野村災害ボランティアセンターを立上げ復旧活動中
    • 星野村災害ボランティアセンターの活動がNHK福岡発地域ドラマになる
    • 2013年9月現在、星野村災害ボランティアセンターをNPO法人化に向けて準備中
    • 2014年2月  NPO法人 がんばりよるよ星野村 設立
    • 2014年3月 福岡県から福岡県防災賞 個人賞 の表彰を受ける
    • 2014年3月 NHK福岡 「苦くて、甘い」ドラマのモデルとして感謝状を戴く
    • 2014年4月 福岡県八女市市政60周年記念式典で復興支援の表彰を受ける
    • 2014年11月 福岡県から「ふくおか共助社会づくり」貢献の表彰を受ける
  • 男性。

趣味


  • 写真撮影
    仕事やプライベートでいろいろな所に出かける機会があり、
    初めて訪問したときの感動や自然の織り成す景色への感動を残したい。
    そんなきっかけでカメラを持ち歩くようになりました。
    • フォトコンテスト入賞経歴
      • 第2回総合写真展 1998年 入選。
      • 第4回総合写真展 2000年 優秀賞受賞。
      • 第8回総合写真展 2004年 佳作受賞。
      • 月刊フォトコン 2011年3月号 テーマ別 「桜」 入選。
      • 月刊フォトコン 2011年8月号、フォトコン・スクール自由の部門 銀賞受賞。
      • 日本で最も美しい村連合フォトコンテスト 2011年 「日本で最も美しい村」賞受賞。
      • 神奈川読売写真クラブ県央支部 第5回例会 最優秀賞受賞。
      • 月刊フォトコン 2011年12月号 フォトコン・スクール・ネイチャー部門 銅賞受賞。
      • 「四季の移ろい日本一,庄原市全日本マスターズフォトコンテスト」2011年 入選。
      • 神奈川読売写真クラブ「モデル撮影会」入選。

  • ゴルフ
    月に1ラウンドぐらいのペースでやってます。
    スコアーは90前後。
    • 平日ゴルフ仲間募集中。       

  • 釣り
    子供のころは家のすぐ前の川でハヤやイダを釣るのが大好きでした。
    実家にはMy竿を置いて今でも帰省した時は毎日行きます。
    釣った魚は甘露煮にして酒の当てと娘たちへの田舎のお土産です。
    豪雨被害後、川の様相が様変わりして、魚も少なくなってしまいました。

写真機の思い出

ニコンD810

画像の説明

  2008年7月にD700が発売されてから、Df、D800、D800E、D750とFXフォーマットが進化してきて、D810が発売され、迷っていましたが
  ニコンデジタル一眼レフカメラ史上最高画質3635万画素と最高解像度ISO64の実現でこれに決めました。
  



ニコン P7000 

画像の説明

  撮りたいときに、いつもポケットにカメラが欲しくて購入しました。    
  使用説明書をあまり読まないB型としてはただ今、あちこちと触りまくり勉強中です。
  


ニコンD700

画像の説明

  写真を趣味にした友人も数人知り合う中で、デジタルとフイルムの論議が話題になりました。
  液晶関係の仕事をしていた私はフイルム派。
 「所詮ドットの集まりでは自然の光のグラデーションは表現できない」と思っていました。
  世の中がデジタルに変わるにつれフイルム写真を大伸ししてくれるところがなくなりました。
  あってもほとんどがフイルムスキャンしてデジタル変換しての印刷です。
   
  D700がフルサイズフォーマットで手ごろな価格で発売された時すぐに日本まで買いにきました。
  今はこのカメラがいつも隣です。

ペンタックス645

画像の説明

  父の写真を見るたびに「なんであんなにきれいに撮れるのかな」と感心していました。
  形見のペンタックス645で初めて風景を撮ったときの画像の切れのよさに感動しました。
  フォト雑誌のコンテストでペンタックス645で撮った写真の入賞が多いのも嬉しいですね。


ニコンF3HP

画像の説明

  小さいながら重量感と手に持ったときの安心感が大好きです。
  巻き上げる時の感触、シャッターの反応。
  マニュアルでフォーカスを合わせる時の緊張感。
  私の写真撮影の原点です。
  今は、Carl Zeiss Planar T 1.4/50mm が付きっ放しです。

ミノルタα7000

画像の説明

  それまで持っていたカメラを全部下取りに出して1年ローンで購入。
  初めてオートフォーカスがボディーに内蔵されたコンパクトに仕上がったカメラでした。
  交換レンズを持ち歩きながらの山登りや旅行に大変便利でした。


ミノルタSR

画像の説明

  中学生の時の修学旅行は鹿児島と宮崎でした。
  父が手持ちの数台の写真機の中から、ミノルタSRを持たしてくれました。
  カメラの操作などまったくの私に、
  「絞りF5.6は動かすな。あとはピントだけ合わせて息を止めてシャッターを切ること」

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional